SSブログ
前の5件 | -

スペードの女王 [読書・ミステリ]


スペードの女王 (角川文庫)

スペードの女王 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/11/20
  • メディア: 文庫
評価:★★★

 横溝正史・復刊シリーズの1冊。

 昭和29年7月、金田一耕助の探偵事務所(兼住居)を訪ねてきたのは坂口キクという女性。彼女の夫・亀三郎は3月に事故死していたのだが、それに不審なものを感じ、調査を依頼してきたのだ。

 亀三郎は ”彫亀(ほりかめ)” と呼ばれた有名な彫物(ほりもの)師だった。2月のある夜、彫亀のもとを高価な身なりをしてベールで顔を隠した女が訪れた。彼女の女友達が入れ墨を希望しているのだという。

 目隠しをされて連れてこられた建物の一室で彫亀が見たのは、ベッドの上で眠り込んだ女だった。顔はタオルで隠され、スカートも捲り上げられている。

 そこで突然、ベールの女もまた自分のスカートを捲り上げてみせる。彼女の内股にはトランプの ”スペードの女王” の入れ墨が彫られていた。これと同じものを、眠っている女の内股にも彫れというのだ。

 仕事を終えて家に帰った彫亀は妻のキクに語った。ベールの女の入れ墨もまた、自分の彫ったものだったと。7年前に、今回と同じような状況で女に入れ墨を施したことがある。そのときの ”作品” に間違いないと。その3週間後に彼は事故死を遂げた。

 そして7月の今日、キクはある新聞記事を見つけ、金田一のもとへやってきた。その記事の内容は、神奈川の片瀬海岸で女の首なし死体が見つかり、その内股にはスペードの女王の入れ墨があったというものだった・・・


 いわゆる ”顔のない死体” というパターン。
 物語の進行とともに、入れ墨をした女性が2人浮上してくる。どちらも ”裏の世界” につながる人物で、しかも両名とも消息不明。よって、死体がどちらのものかは最後まで判然としない。
 しかも事件はそれだけでは終わらず、さらなる殺人が続いていく。

 序盤が終わったあたりから、前田浜子という若手の週刊誌女性記者が登場し、物語に絡んでくる。なかなか魅力的なキャラだと思ってたんだけど、予想外の運命が彼女を飲み込んでいく。

 ラストで明らかになる犯人の意外性はなかなかだけど、動機づけにやや難があるかなぁ。まあ、状況の変化によって犯人の心理にも変化が生じていく、というのはアリだとは思うが。

 毎度のことながら、ストーリーはとても面白い。



nice!(5)  コメント(0) 

麒麟児 [読書・歴史/時代小説]


麒麟児 (角川文庫)

麒麟児 (角川文庫)

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/11/20
評価:★★★

 幕末の動乱のさなか、江戸の街を巡る攻防を勝海舟の視点で描いた物語。

 慶応4年(1868年)、西郷隆盛率いる5万の官軍は江戸の街に迫っていた。崩壊寸前の幕府にとどめを刺すためだ。
 対する幕府は勝海舟を担ぎ出し、官軍との和平交渉を任せることに。勝は戦乱回避を最優先に、西郷との対面に臨むのだが・・・


 歴史に疎い私でも知ってるくらい、江戸城を巡る勝と西郷の物語は、激動の連続である幕末の中でも有名なエピソード。

  逆に言うと、起こったイベントが多すぎて、その背景も時系列もよく分からない、ってのが幕末という時代だと私は認識している。
 幕末を扱った大河ドラマも観たことがあるけど、どうにも興味が続かなくて最後まで観たことがない(笑)。

 私以外にもそういう人は多いのかもしれない。だって、本書の序盤には、勝が維新の流れというか背景を説明するシーンがあるんだもの。

 15代将軍・徳川慶喜の命を受け、官軍との交渉に向かうという幕臣・山岡鉄太郎に「そもそも、なぜ倒幕派は幕府を倒そうとするのか」と訊かれて、その理由を滔々と語ってみせるのだ。
 さすがはストーリーテラーの冲方丁だけあって、この下りはするすると頭に入ってきて、非常に良く理解できた。そうか、明治維新ってこういうふうに進んできたのか・・・。
 ただ、本書を読み終わって数時間後には、綺麗に頭の中から抜けていたのには困ったが(おいおい)。


 和平交渉が決裂したときは、即座に江戸の街に火を放つ ”焦土戦術” をちらつかせる勝。
 戦乱を避けたいのは同じだが、幕府の要求を聞き入れ過ぎると将兵たちの不満が高まり、制御不能になる危険性もあるので安易に妥協できない西郷。

 二人に共通するのは、相手だけではなく自分の身内すら ”敵” であるということ。

 旧態依然とした体質で既得権益にしがみつきたい幕臣たちは、これまで勝が成し遂げてきたことを否定したり潰したり。果ては将軍慶喜自らが、勝の功績を引っくり返したり。
 そのたびに「やってられるか」と辞表を叩きつけるのだが、幕府のほうは窮地に追い込まれるたびに勝を引っ張り出しにくる。
 かといって全権を与えるのかというとそんなことはなく、”手足を縛られた状態で跳ぶ” ことを強要するような無理難題が命じられる。

 常人だったらとっくの昔に愛想を尽かすような相手に、文句を言いつつも最後までつきあい、幕府を ”看取る”。
 まあ、そんな人物だから偉人として名が残るのだろうけど。

 戦っているときに背中から弾が飛んでくるのは西郷の方も大差なく、結局、交渉で対峙している勝と西郷の二人こそが、お互いの ”最大の理解者” であり、心情的には ”最大の味方” である、というなんとも皮肉な状況が描かれていく。


 史実として、江戸の街は戦禍を免れ、江戸城も無事に開城されるのだが、物語はその後の西郷と勝の物語も綴っていく。
 幕末の動乱を通じて、西郷のことを ”かけがえのない友” とまで感じるようになっていた勝にとって、西南戦争は痛恨の出来事だったろう。
 西郷に対する勝の心情を描いたエピローグが感動的だ。



nice!(4)  コメント(0) 

横濱エトランゼ [読書・ミステリ]


横濱エトランゼ (講談社文庫)

横濱エトランゼ (講談社文庫)

  • 作者: 大崎梢
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/03/13
評価:★★★

 主人公・千紗(ちさ)は女子高生。3年生の秋を迎え、推薦入試で大学も決まったことを機にアルバイトを始めた。

 バイト先は〈横浜タウン社〉。週一で無料のタウン誌を発行している小所帯の出版社だ。しかし編集長を兼ねていた社長が急病で入院、長期の療養を命じられてしまう。

 急遽、編集長代理となったのは小谷善正(こたに・よしまさ)。なんと入社三年目の25歳だ。
 千紗がこの会社をバイト先に選んだのは、実は幼い頃からよく知っていた善正(彼の家は千紗の家の隣の隣)に仄かな好意を抱いていたからだった。
 ・・・というわけで、タウン誌の編集部で働くことになった千紗が出会う、横浜の街にまつわる謎を描く ”日常の謎” 系ミステリの連作集だ。


「元町ロンリネス」
 千紗は洋装店のマダムから、かつて夫とともに ”元町百段” という大階段を昇ったという話を聞く。しかし善正によると、その階段はマダムが生まれる前に関東大震災で崩壊し、現存していないのだという・・・

「山手ラビリンス」
 読者からの投書によると、”横浜山手 洋館七不思議” なるものがあるという。千紗はビストロ・ランタンのシェフに七不思議について尋ねるが、なぜか彼は狼狽えてしまう・・・

「根岸メモリーズ」
 千紗はクラスメイトの菜々美から相談を受ける。彼女の曾祖父・喜助は生前、「自分は外国の生まれだ」と言っていたという。
 しかし彼をよく知る親類によれば、日本生まれに間違いない。喜助が生まれたのは大正元年。その頃、横浜の中に ”外国” があったのだろうか・・・

「関内キング」
 〈横浜タウン社〉の大口広告主であり、コラムの執筆者でもある寿々川氏が突然、会社に対して今後の付き合いを一切やめると宣告してきた。千紗は寿々川氏が書いたコラムに登場する ”ある女性” について調べ始めるが・・・

「馬車道セレナーデ」
 千紗の母方の従姉妹・恵里香がアメリカから帰ってきた。彼女は善正とは高校の同級生だった。そして善正は恵里香に好意を抱いていたらしい。
 恵里香と再会することで、善正の思いが再燃してしまうのではないか? いや、そもそも彼はずっと恵里香を思い続けていたのではないか?
 千紗は心穏やかでない日々を過ごすことに・・・


 ラストでは千紗、善正、恵里香の、それぞれの ”新たな道” が描かれるのだけど・・・短編でもいいから、数年後の3人の様子が知りたいなぁ・・・



nice!(6)  コメント(0) 

総閲覧数230万回到達 & 近況 [このブログについて]


昨日(6/27)、このブログの総閲覧数が230万に達しました。

20220627.jpg

 2006年1月2日の開設以来、約16年半での達成です。
 日数で数えると6020日め。アクセス数は単純平均で1日あたり380くらい。

 220万アクセス(2022/1/29)からは149日かかりました。この間の1日平均アクセス数は670くらいです。

 たくさんの方に覗きに来ていただいて、本当にありがとうございます。


 それでは、毎回恒例の近況報告などを・・・と書いてみたのですが、前回とほとんど変わっていません。
 昨年から出るようになった年金をもらいつつ、再雇用でパートタイム労働に勤しんでおります。

 3月末にはかみさんも定年退職を迎え、あちらも再雇用で働くことにしたのは同じですが、なんとフルタイムを選択、週に5日間頑張っております。
 なんて仕事が好きな人なんでしょう・・・と感心してはいるのですが、仕事量は変わらないのに、もらえるお金が減るのはいずこも同じ。
 「割に合わないわぁ・・・」とこぼしてます(笑)。

 再雇用生活も4年目に入り、来年度いっぱいまでは(希望すれば)働けるのですが、最近ちょっと迷ってます。

 どうも仕事に対するモチベーションの低下を感じるようになっていて・・・
 もちろん、職場ではきっちりと働いているつもりなのですけれど、ここ2年くらい仕事量が明らかに増えていて、しかも、もらってるお金は変わってない。
 だから「そこまでするほどの金はもらってないぞ・・・」って気持ちがどうしても湧いてくるんですねぇ・・・

 「働く場所があるだけありがたいんだから、多少のことには文句を言わずに働けよ!」ってご意見があるのは重々承知しておりますが・・・

 「すっぱり辞めて悠々自適の生活に入ろうかな」って気持ちは抑えがたい。
 この ”野望” のいちばん大きな壁は、実は職場の上司でも同僚でもなく、かみさんですね(笑)。先日、「もう辞めようかな、って思ってる」って漏らしたら、すかさず「辞めて何するのよ?」って返されました。

 うーん、私は ”何もしなくていい日々” ってのに憧れてるんですけどねぇ。

 ちょっぴり言い訳させていただくと、私がナマケモノであること自体は否定しませんが(おいおい)、それだけではなくて、体力面での不安を少しずつ感じるようになったりとか、老齢の母親が病院に通う頻度が最近増えてることもあったりとか、いろいろ思うところもあるのですよ・・・
 このブログの総閲覧数が240万回に到達する(たぶん半年くらい先)頃には、結論が出てるかとは思いますが。

 その他の話題については・・・
 旅行については「そろそろいいかな」って思っていて、夏には国内旅行に出かける予定です。無事に済んだら、記事に書くかも知れません。

 最後に。
 毎回書いてますが、まとまりのない駄文を垂れ流してきたこのブログ、なんとかここまで続けてこられているのは、のぞきに来ていただいてる皆様のおかげです。ありがとうございました。
 そして、これからもよろしくお願いします。 m(_ _)m  ぺこり


nice!(3)  コメント(0) 

こうして誰もいなくなった [読書・ミステリ]


こうして誰もいなくなった (角川文庫)

こうして誰もいなくなった (角川文庫)

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2021/11/20
評価:★★★☆

 ノンシリーズものを収録した短編集。ミステリに限らず、いろんなジャンルのものが入っている。
 おおむね ファンタジー系 → ホラー系 → ミステリ系 となるような順に並べてあるとのことだが、私の印象ではちょっと異なるものも。

 以下の紹介文は、収録順(目次順)ではないことをお断りしておく。


■ラジオでの朗読作品として書かれたもの

「館の一夜」
 恋人を連れて東北の旧家を訪ねた民俗学研究者。しかしその帰りに道に迷い、山中にあった無人の屋敷で過ごすことに。

「出口を探して」
 迷路の中で意識を取り戻した女性。そこで出会った男性とともに出口を探し始めるが・・・

「謎のアナウンス」
 語り手は60代の男性。彼がスーパーマーケットに行くと、毎回同じようなアナウンスが流れるのだというが・・・

 どれも短く、ジャンル分けすると即ネタバレになりそう(笑)。


■ファンタジー

「線路の国のアリス」
 謎の世界へ迷い込んだアリスが、不思議な列車に乗って旅する話。


■奇妙な味?

「名探偵Q氏のオフ」
 名探偵Q氏と助手のF嬢の物語。ラスト2ページの描写は読んでて笑ったけど感心した。書くのが大変だったろうなぁ。

「まぶしい名前」
 ショートショート。描いている内容は現代なんだけど、なんとなく昔のSFっぽい雰囲気を感じた。


■ホラー

「妖術師」
 町外れの公園で興行を始めた ”妖術師・サンド伯爵”。得意の演し物は人体消失だ・・・


■SF

「怪獣の夢」
 アンソロジー『怪獣文藝の逆襲』で既読。子どもの頃から怪獣の夢を見続けていた少年は、大人になった時・・・


■タイポグラフィー

「矢」
 タイポグラフィーといえば夢枕獏の「カエルの死」が有名だけど、有栖川有栖が書くとこうなるのか。


■ミステリ

「劇的な幕切れ」
 アンソロジー『毒殺協奏曲』で既読。自殺願望を抱えた青年は、同じ思いを持つ女性とネットで知り合い、一緒に ”心中” することになるのだが・・・

「未来人F」
 アンソロジー『みんなの少年探偵団2』で既読。
 少年探偵団シリーズのパスティーシュ。明智小五郎がアメリカに出かけて不在の時、”未来人F” を名乗る怪人物が現れる。未来に起こることをいくつも言い当て、さらには国立博物館から国宝を盗み出すと ”犯行予告” までするが・・・。
 ミステリとして解決するのだけど、ラストでメタフィクショナルな展開が。

「盗まれた恋文」
 盗まれた手紙を取り戻した名探偵。しかし彼にはある問題が・・・。文庫で3ページ、しかもミステリなオチという離れ業。

「本と謎の日々」
 書店を舞台にした ”日常の謎” ミステリ。作者は元書店員だったので、なかなか面白いネタが。シリーズ化されないかな。

「こうして誰もいなくなった」
 文庫で約140ページと、本書の厚さのおよそ1/3を占める表題作。
 孤島に10人の人間が集められて、一人一人死んでいく・・・という「そして誰もいなくなった」パターンを有栖川有栖が書くとこうなる。
 舞台は伊勢湾に浮かぶ孤島。集められたのは8人。彼らは ”デンスケ” と名乗る謎の人物に呼ばれたのだが、そのデンスケの姿はない。実はもう一人呼ばれるはずで、デンスケを含めて総勢10人だったはずなのだが、最後の一人もなぜか姿を現さない。そして起こる連続殺人・・・
 各登場人物が抱える事情も今風だったりして、21世紀の「そして誰もー」になってる。人が死ぬたびに容疑者が減っていくので、犯人を隠すのが難しくなるのだけど、それでも犯人は分からないんだなぁ。さすが有栖川有栖。



nice!(5)  コメント(0) 
前の5件 | -