SSブログ
前の5件 | -

ファンム・アレース [読書・ファンタジー]

ファンム・アレース 1 (講談社文庫)

ファンム・アレース 1 (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/06/13
  • メディア: 文庫
ファンム・アレース 2 (講談社文庫)

ファンム・アレース 2 (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: 文庫
ファンム・アレース3 (講談社文庫)

ファンム・アレース3 (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/01/15
  • メディア: 文庫
ファンム・アレース(4) (講談社文庫)

ファンム・アレース(4) (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: 文庫
ファンム・アレース(5)(上) (講談社文庫)

ファンム・アレース(5)(上) (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 文庫
ファンム・アレース(5)(下) (講談社文庫)

ファンム・アレース(5)(下) (講談社文庫)

  • 作者: 香月 日輪
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/15
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

全5巻(第5部は上下巻なので文庫としては全6巻)の異世界ファンタジー。
とはいっても、長い巻でも270ページくらい、
第5部の上下巻はそれぞれ200ページに満たないので
巻数のわりにはサクッと読める分量ではある。

主人公・バビロンは剣豪として知られる流れ者。
150歳になるが、”人外” の血を引いているため外見は若者だ。

彼はある夜、謎の美女にたぶらかされて
”主従の契約” を結ばされてしまう。そして3日後、
彼の前に ”主” として現れたのは青い瞳の少女・ララだった。

南の小国・グランディエ王国は圧政に苦しむ民衆の反乱によって滅亡、
ララはその王族最後の生き残りだった。
王都を脱出し、たった一人で旅を続けてきたが、
バビロンは契約に従い、彼女の旅の護衛を務めることになる。

2人は旅の途中で様々な冒険を繰り広げていくうちに、
数百年前から仕組まれていたというララの出生の秘密が明かされ、
そして執拗に彼女を狙う魔女・アイガイアの存在を知る・・・

この2人が主役、そして年齢差140歳という歳の差カップル(!)になる。
とはいっても、読んでいてあまり差を感じない。

バビロンの精神年齢は20歳そこそこではないかと思う。
150年生きてきて、これでいいのかと疑問もなくはないのだが。

 とはいっても、振り返ってみると私も60年生きてきたが
 年齢相応に悟りを開いたかと言えば、全くそんなことはないので
 まあこれはこれでいいのだろう(私が未熟なだけなのかも知れんが)

ララは、育ての親が老魔女だったせいか、言動がいやに老成していて
同年齢の子供なら絶対こんなことは言わないであろうという台詞が多々。
こちらは精神年齢的には熟女で、それに加えて
師匠譲りの黒魔術まで使いこなして、戦闘力もなかなか。

もちろんそんなララでも、年齢相応に振る舞うとき「も」ある。

 まあ、どちらも年齢相応に描いてしまったら
 バビロンが幼児愛好者になってしまうので、
 それはそれで明らかにマズいよねぇ・・・(笑)

「亡国の姫君と、彼女を守る剣士」というのは
ファンタジーの定番だし、登場するキャラクターやアイテムも
充分にファンタジーらしいんだけど、
読んでいると、全体的にあまりそういう雰囲気は感じない。

まあ、ヒロインたるララに「故国の再建」なんて野心が
これっぽっちもないのがまず異色なんだけども、
それだけが理由ではない。

例えば序盤では、怪物によって苦しむ村人たちに出会い、
その退治に乗り出していく、というエピソードがある。
もちろん退治は成功し、村には平和が訪れ、合わせて
将来的には豊かな生活が訪れるであろうことも示唆される。

まあ、これもファンタジーでは定番の話なのかも知れないが、
読んでいて、西洋風ファンタジーというよりは和風な雰囲気、
例えば「日本昔ばなし」のような話に感じられる。

その大きな理由は、キャラクターたちの言葉遣いにあるように思う。
作中に登場する人物の大半が、時代劇のような台詞回し。
バビロンのような流れ者の口ぶりは、さながら渡世人である。
つまり、時代劇の登場人物が異世界の衣装を着て演じてるみたいなのだ。

 いや、別に貶してるわけではありません。
 作者は十分承知の上でこれをやってるんでしょうから。
 これはこれで面白いと思います。
 ただまあ、私の好みとはかなりズレてるのは否めませんけど・・・

 そうすると、ララとバビロンの旅は、市井で苦しむ人々を救っていく
 ”世直し” みたいで、さながら水戸黄門である(おいおい)。

旅を続けるララとバビロンには、次第に仲間が増えていく。
魔道士の弟子なのに科学技術の研究に熱中している
三枚目キャラ・ナージス。武術の達人にして女剣士のアティカ。
序盤では敵として登場するが、後半では仲間となるサーブルとグール。

 いやあもう、ホントにここまできたら ”黄門様御一行”。
 「誰がどのキャラに相当するか」って当てはめながら読むのも一興か。

そして終盤まで来ると、一行の人数は8人に。

 「日本昔ばなし」から始まって「水戸黄門」になったと思ったら
 いつのまにか「八犬伝」になっていました。ラスボスも女性だし。

 いや、茶化してるわけではなくて、「物語の王道展開」を
 積極的に取り入れて構成していると思えば、
 ここまで徹底しているのはむしろ天晴れと言えるかも知れない。
 とにかく物語がわかりやすいし、感情移入もしやすいし。

世界に破滅をもたらす魔神ウェンディゴ、
最終巻は、その魔神を召喚せんとする魔女アイガイアの居城での戦いだ。

ファンタジーらしくない雰囲気で引っ張ってきたけれど、
最終決戦では8人みんなが力を合わせ、感動のエンディングとなる。
このあたりの展開もまた王道。

ちなみにタイトルの「ファンム・アレース」というのは、
物語の時間軸で250年前に存在したという伝説の少女剣士イヴに
与えられた称号「聖少女将軍(ファンム・アレース)」のことだ。

作者は香月日輪(こうづき・ひのわ)という人。
もともと児童文学からデビューした人で、そちらの著作も多いみたい。
本作は特に児童向けとは銘打っていないみたいだけど
想定している主な読者は中高生くらいかなあと思う。
もちろんファンタジー好きな人なら、年齢に関係なく楽しめると思う。

残念なことに2014年にお亡くなりになっている。
wikiによると享年51。早すぎるよねぇ・・・。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

首無館の殺人 [読書・ミステリ]

首無館の殺人 (新潮文庫nex)

首無館の殺人 (新潮文庫nex)

  • 作者: 月原渉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 文庫
評価:★★★★

かつて貿易商として栄えた宇江神(うえがみ)家。
しかし明治の世に入り、宇江神和意(かずい)の代になって衰えた。

和意は商才に乏しく、彼の妻・華(はな)は
一人娘・華煉(かれん)を残して早世し、跡継ぎとなる男子もない。

見かねた前当主・和一郎(かずいちろう)は、自ら跡継ぎを得ようと
若い妻・玲ヰ華(れいか)を娶るが、直後に病没してしまう。
玲ヰ華はそのまま宇江神家に残り、
周囲からは ”主家(しゅけ)夫人” と呼ばれるようになった。

物語は、令嬢・華煉が昏睡から覚醒する場面から始まる。
長い高熱状態が続いたためか、彼女は記憶を失っていた。

新しく雇われた使用人・栗花落静(つゆり・しずか)とともに
華煉は ”首無館” と名づけられた宇江神家の屋敷を案内される。

一癖も二癖もありそうな家族たち、いかにも裏のありそうな使用人たち。
胡散臭さ全開の人間たちの中で、記憶をなくした華煉の生活が始まる。

ある夜、華煉は父・和意と主家夫人が密会しているところを目撃するが、
その翌朝、主家夫人が自室で殺害された状態で発見される。
しかも、首が切断され、持ち去られていたのだ。

そしてそこから、続けざまに首無し殺人が発生していく・・・

とにかく、首の扱いがスゴい。
犯人に持ち去られたと思ったら、他の現場に出現したり
さらには空中を ”飛ぶ姿” が目撃されたり。
ここまで首を ”動かした” 作品も珍しいのではないかな。

舞台となる ”首無館” も、いかにも伝奇的なつくり。
建物がロの字形に並び、その中に庭がある。
しかし、1カ所しかない中庭への出入り口は常に施錠された状態。
しかもその中央には謎の ”塔” があり、そこには
何者かが閉じ込められているらしい。
いやぁもう、こういう雰囲気は大好きだ。

しかも文庫で260ページほどと、高密度でコンパクト。

本書は『使用人探偵シズカ ー横浜異人館殺人事件ー』
に続く、シリーズ2作目。
ロシアの血が入ったクールビューティ・シズカさんの活躍が描かれる。

最後に明かされる真相は、かなり大がかりなもので
実現可能性とか必然性とかリアリティとか考えると首を傾げてしまうが、
「本格ミステリ」を求める人なら、そのへんは気にしないのではないか。

「首無館」というエキセントリックな舞台と、
そこに集う、いかにも怪しげな登場人物たちを許容できるなら、
楽しい読書の時間が過ごせると思う。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

鳥居の密室 世界にたったひとりのサンタクロース [読書・ミステリ]

鳥居の密室世界にただひとりのサンタクロース (新潮文庫)

鳥居の密室世界にただひとりのサンタクロース (新潮文庫)

  • 作者: 島田 荘司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2021/02/27
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

時代は1975年。
京都大学を目指す浪人生・サトルは、同じ浪人生仲間の
榊楓(さかき・かえで)の、悲惨で不思議な生いたちを聞く。

東京オリンピックが行われた1964年のクリスマス。
その翌朝、当時8歳だった楓の枕元にプレゼントが置いてあった。

いままで一度も、サンタクロースからの贈り物を
もらったことのない彼女は最高の幸せを味わうが、
同時に最悪の不幸にも見舞われていた。
別室に寝ていた母親が殺されていたのだ。
しかも、すべての扉と窓は内側から施錠された完全な密室状態。

そして事件の起こる前から、彼女の家の周辺では
不思議な現象が起こっていた。
住民たちが頭痛や不眠に悩まされ、中には幻覚を見る者まで。
しかし事件後はぴたりと止んでしまう。

楓の父親が営む鋳物工場の従業員・国丸信二が犯人として逮捕されるが
彼は一切を黙秘し、11年後の今も獄中にあるという。

サトルは、楓を京大の学生である御手洗潔に引きあわせるのだが・・・

本書は、以前に記事に書いたオムニバス短篇集『鍵のかかった部屋』に
収録されていた「世界にただ一人のサンタクロース」を
長編化したもの。元の作品も中編くらいあったけど、
本書はそれをさらに3倍くらいに膨らませてある。

文庫で360ページくらいあるのだけど、
その4割以上、150ページほどを占めるのが
重要登場人物である国丸信二の物語。
けっこう悲惨な生いたち、楓の両親との関わり、
そして幼い楓と過ごした日々の様子が綴られる。
作者が本作を長編化したのも、この部分をもっと
描き込みたかったんだろうなあ、と思える。

とはいっても、短篇版を先に読んでいる人からすれば、
トリックも結末ももうわかっているわけで・・・
読むかどうか、悩ましいところかな。

彼女を引き取った伯母さんがいい人で(伯父はちょっと問題児かな)、
楓ちゃんが、健やかに育っているのが救いだね。
なかなか魅力的なキャラだと思う。

京大生時代の御手洗が出会った事件もいくつか語られてるけど、
これからもこの時代の作品が書かれるのなら、
彼女にはまた登場して欲しいなぁ。無理かなぁ。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

シドニアの騎士 あいつむぐほし [アニメーション]

t_vs.jpg
未知の生命体・ガウナに地球を破壊され、かろうじて生き残った人類は
巨大な播種宇宙船「シドニア」を建造して太陽系を脱出、
内部で世代交代を重ねながら1000年あまりの旅を続けていた。

主人公・谷風長道(たにかぜ・ながて)は、シドニアをガウナから守る
人型機動兵器〈衛人〉(もりと)のエースパイロット。

「シドニア」はガウナの襲来を撃退しつつ、レム恒星系に到達し
そこに人類が居住可能な惑星「セブン」を発見するが、
星系内にはガウナの巨大母船〈大シュガフ船〉が居座っていた。

谷風たち〈衛人〉隊、そして人間とガウナから産まれた
融合個体・白羽衣(しらうい)つむぎの活躍で、
星系最外縁の惑星「ナイン」に巣くうガウナを一掃、
橋頭堡を築いたところまでが2014年と2015年にTVアニメ化され、
2期(12話×2)かけて描かれたが、ここまでが原作のおよそ2/3で
〈大シュガフ船〉との最終決戦が描かれずに終わっていた。

その後、全くといって音沙汰がなかったので、もうこれで
アニメ化は打ち切りなのかなあと思っていたら、
なんと映画で完結編とあいなった。

 企画自体は2017年から動いてたみたいなので、
 TVシリーズからあまり間を開けずに作業は始まっていたんだね。

TVシリーズ2期のラストから(作中時間で)10年、
惑星「セブン」へ入植し、人類を存続させることこそ
シドニアの使命と考える小林艦長が
ついに〈大シュガフ船〉との決戦を開始するところから映画は始まる。

原作の残りは、そのまま映像化したら4時間くらいに
なりそうな分量があるのだが、うまく整理されていて
2時間弱の上映時間だけどダイジェスト感はほとんどない。
これは原作者・弐瓶勉氏が自ら構成に加わっているおかげだろう。

基本的には、巨大ロボットもので、外宇宙の敵性生命体と戦う
スペースオペラなのだけど、それ以外にも様々な要素が描かれる。

ガウナとの決着もそうだけど、
シドニアを滅ぼそうとする天才科学者・落合の画策とか
その落合に精神を乗っ取られた元パイロット・岐神(くなと)とか
小林艦長に代表される、数百年にわたって
シドニアを指導してきた者たちの思いとか
そして今回の映画のメインテーマともなる、
長道とつむぎの ”身長差15mの恋” の行方が描かれる。

この映画が「シドニア」初見という人は、まずつむぎの外見に驚くだろう。
巨大かつグロテスクな見た目だが、少女のような純真な心を持つ、
目も眉もないので表情が全く表に出ないのだけど、
喜怒哀楽がはっきりわかるのはCVの州崎綾さんの熱演のおかげだろう。

人間と融合個体との ”種” を超えた愛、それは果たして成就するのか。

原作を読んだときも、クライマックスシーンでは
目がうるうるしてしまったのだが、それを映画館の大画面で、
素晴らしい音響で見せられたら・・・もう号泣しかない。

伏線をきれいに回収し、驚きと同時に納得の、素晴らしい結末。
映画のパンフレットには原作者のインタビューが載っているのだけど
「結末を決めてから描き始めた」とあった。
まさに、このラストシーンに向けて、すべての物語はあったのだろう。

 ちょっと余計なことを書くと、
 この映画が「シドニア」初見の人は、
 映画のラストシーンがよく理解できないかも知れない。
 そういう人はぜひ原作かTVシリーズにあたってほしい。
 そうして、いまいちど映画を観てもらうと、
 さらなる感動が味わえると思う。

とまあ、ここまで手放しで褒めてきた作品なのだけど
たった一つ文句を言うとしたら、主題歌の問題だ。

映画版を担当したCAPSULEというアーティストに
恨みがあるわけではないのだけど、TVシリーズから見ている者には
どうしてもangelaの歌の方が馴染みがあるんだよなぁ・・・
まあ、いろいろ ”大人の事情” があるんだろうなぁ・・・

なぁんて思っていたら、TV1期の主題歌「シドニア」が流れましたよ!
それも、「ここぞ」というタイミングで。
いやぁ、スタッフはわかってる。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

放課後の名探偵 [読書・ミステリ]

放課後の名探偵 (創元推理文庫)

放課後の名探偵 (創元推理文庫)

  • 作者: 市川 哲也
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/09/20
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

名探偵・蜜柑花子の女子高生時代を描く短篇集、その2冊目。

「ルサンチマンの行方」
目立たない生徒・田川泰平は蜜柑花子に恋していた。
しかし花子は中場悠介と仲が良い。
面白くない泰平は花子の財布を盗み、
悠介が犯人と疑われるように仕向けるのだが・・・
学校を舞台にした作品で「倒叙もの」というのは珍しいかな。
ラストで泰平を追求する花子さんの指摘が、まあ鋭いこと。
ちなみにタイトルの「ルサンチマン」とは、wikiによると
『弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・非難」の感情を持つこと』
だそうで。

「オレのダイイング・メッセージ」
ミステリ研部長の丸山信吾は
「前々から考えていたダイイング・メッセージのネタがついに完成した」
と宣言、その披露を兼ねて推理ゲームを提案するが、
部員一同から拒否されてしまう。しかしその翌日、
事故で怪我をしたことをきっかけに、勝手に ”死体” を装うことに。
丸山の行動がいささかオマヌケで笑える。

「誰がGを入れたのか」
学園ヒエラルキーのトップに位置する女子4人組、
倉ヶ崎有紀・泉明日香・羽片芽久・大古場瑞名。
リーダー格の有紀はひそかに悠介の ”彼女” の座を狙っていたが
それにはどうにも蜜柑花子が目障りだ。そこで、彼女の机の中に
”Gの死骸” を入れるという嫌がらせすることにした。
しかし、いつの間にか ”Gの死骸” は有紀の机の中に移動していた・・・
古典的ミステリに「見えない人」というネタがあるが、その現代版か。
確かに、ありそうなことではある。
ちなみに ”G” とは、台所によくいる奴ではなくて、
足がいっぱい生えてる方みたいです。

「屋上の奇跡」
花子たちの同級生・和波和(わなみ・なごみ)には自殺願望があった。
学校の屋上から投身自殺することに決めていたが、
なかなかチャンスがつかめずにいた。
しかしある時を境に、花子が執拗につきまとうようになってきた・・・

4編は独立しているけど、緩やかにつながっている。
特に、本書の ”影の主役” とも言える倉ヶ崎有紀さんは
なかなか波乱の展開を迎える。

読んでいると、学生時代だからこその言動なのだろうけど
とにかく ”嫌な女” として描かれている。だから、
「誰がGを-」での結末も因果応報だよ、なぁんて思うが
「屋上の-」では、そんな彼女にも一片の救いを用意している。

作者はどのキャラにも優しいねぇ。
読後感がいいのもそのせいだろう。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -