SSブログ
前の5件 | -

悪いものが、来ませんように [読書・ミステリ]

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

  • 作者: 芦沢 央
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: 文庫
評価:★★★

視点人物となるのは2人の女性。

庵原紗英(いはら・さえ)は助産院で働いている。
妹であり、同僚でもある鞠絵が助産師の資格を持っているのに対し、
紗英は資格不用な看護助手でしかない。
結婚はしているが子どもが授からない。
夫・大志(だいし)は銀行勤めだが、職場の同僚と不倫しているらしい。

柏木奈津子は専業主婦。結婚以来、家事と育児に生きてきた。
しかし、参加しているボランティア団体で仲間の輪になかなか入れない。

そんなストレスを溜め込んだ彼女たちは、
ともに過ごすひとときでお互いの傷をなめ合っている。
物語の序盤では、紗英は奈津子の家をしばしば訪ね、
奈津子もまた紗英の家で食事を作ったりするなど
”心の支え” 以上で、見ようによっては”過剰な依存” とも言えるような、
いささか異様な2人の日常生活が綴られていく。

で、ここから先のストーリーの紹介が難しい。

物語の1/3が過ぎたあたりで、紗英の夫・大志が殺害される。
前後の状況の描写から、犯人は明らか(に思える)のだが、
何せ本書はミステリだからね(笑)。

ミステリをよく読んでいる人ほど、この状況に疑問を持つだろう。
実はこの状況には裏があって、真犯人は別にいるのではないか?、と。

中盤以降は、大志の死を巡る紗英と奈津子の行動が描かれていく。

そして終盤では、ある ”事実” が明かされて、
それまでの物語で見えていた光景に別の意味が与えられる。
もちろん大志の死の真相も、それとともに明らかになるのだが・・・

いやはやこれは驚いた。
見事な背負い投げを食らってしまいました。
文庫裏の惹句には、「最後まで読んだらもう一度読み返したくなる」
と書いてある。私は読み返しはしなかったけど(笑)、
読んでいて感じた違和感や引っかかりが、
これによってすっきり解消されてしまうのはお見事。

ミステリとしては「天晴れ」。
普通なら星3つ半なのだけど、物語としてはどうかなぁ。
読後感がどうにも重くて、星半分減量してしまいました。
スミマセン。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

アンソロジー 隠す [読書・ミステリ]

アンソロジー 隠す (文春文庫)

アンソロジー 隠す (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/11/07
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

女性作家によるグループ〈アミの会(仮)〉による
競作アンソロジー。特に ”ミステリ” とは銘打っていないんだけど
執筆陣の大半がミステリ作家と見なされてる方で、そのせいか
収録されてる作品もミステリかミステリ寄りのものが多い。

「理由(わけ)」(柴田よしき)
イラストイレーター・辻内美希が人気タレント・松本茂義を刺した。
美希の担当した広告イラストを、松本がTVでこき下ろしたのが
動機と思われたが、美希はそれが理由ではないという・・・
いやはや女の恨みというものは恐ろしい。

「自宅警備員の憂鬱」(永嶋恵美)
主人公・愛美(まなみ)は5年前から引きこもりになっていた。
ある日、中学2年生の弟・颯太(そうた)が友人の成瀬良樹を
連れ帰ってきた。良樹は超進学校の私立中学の生徒だった。
しかし2人の話に疑問を抱いた愛美は、真相を探り出そうとする・・・
愛美さんの洞察力が光る一編だが、それだけの賢さがあるのなら
社会復帰して充分にやっていけるよねぇ。
彼女の ”その後” が知りたいなと切に思う。

「誰にも言えない」(松尾由美)
アメリカから来て、沢村家にホームステイしていたリンジー。
沢村夫妻との関係は良好だったが、ある日を境に彼女の扱いが急変する。
家庭内での行動にやたら制限をつけるようになったのだ。
悩んだリンジーは私立探偵の安西に相談を持ちかけるが・・・
彼女を巡る ”日常の謎” は安西によって解決されるんだけど
安西自身のプライベートも気になる。これ、シリーズものなのかな?

「撫桜亭(ぶおうてい)奇譚」(福田和代)
小栗上野介の埋蔵金伝説が残る地に自宅を構えたのは、
不動産王と呼ばれた岡崎東馬(とうま)だった。
その東馬が亡くなり、長男の卓也、次男の行広、三男の紀夫の間で
遺産相続の話が持ち上がるが・・・
長編にしたら面白そう。

「骨になるまで」(新津きよみ)
主人公・美里(みさと)の母方の祖母・志野(しの)が亡くなった。
その葬儀の後、志野の弟・敦から意外なことを聞く。
志野は二度結婚していて、二人目の夫が美里の祖父だった。
さらに、志野は最初の結婚で男子を産んだが、
その子どもを残して婚家を去ったのだという・・・
母親というのは有難いものだなぁというのを再確認する一編。

「アリババと四十の死体」(光原百合)
実直な商人アリババを狙う盗賊団の陰謀を、
賢い奴隷女モルギアナが見抜き、みごと盗賊を撃退する
彼女の功績を認めたアリババは、彼女を息子カシムの嫁にするのだが。
賢女なんだけど○○でもあるモルギアナさんが魅力的。
彼女くらいの強かさがないと生きていけない世界なんだね。

「まだ折れていない剣」(光原百合)
冒頭にG・K・チェスタトンの「折れた剣」の一部が引用されてる。
有名な「木の葉はどこに隠す?」にまつわるセント・クレア将軍を
主役に据えた話。

「バースデーブーケをあなたに」(大崎梢)
94歳の早瀬美奈子は認知症を患い、ケアハウスに入居している。
その彼女のもとへ、毎年誕生日には花束が贈られてくる。
送り主は ”M” というイニシャルだけが記されている。
”M” は誰かと問われるたびに、彼女は異なる人物を挙げるのだが・・・
美奈子の周囲の人々が皆、温かい心の持ち主なのがいいね。

「甘い生活」(近藤史恵)
千尋は、幼い頃から他人の持ち物が無性に欲しくなるたちであった。
小学5年生の時、同級生の沙苗が大事にしていた
オレンジ色のボールペンを盗み取ることに成功する。
そして9年後。大学生になった千尋は孝紀という青年と知り合う。
千尋は、孝紀の恋人から彼を奪取することに成功するが・・・
ラストはいささかホラーだね。

「水彩画」(松村比呂美)
大学生・芳賀塔子の母親・悠子は高名な画家だったが、
塔子には母から愛された記憶はなかった。
しかしその母が突然、甲斐甲斐しく塔子の世話を焼き始めた・・・
ラストシーンがちょっと感動的。

「少年少女秘密基地」(加納朋子)
小学生のカイセイとジンタンは、夏休みに自転車で遠出をしたときに
一軒の空き家を見つけ、そこを2人の ”秘密基地” として遊び始める。
そして、その空き家に残された痕跡から二人は気づく。
彼ら以外にも、幼い女の子の2人組も出入りしているらしいこと、
さらに、不審な大人も出入りしているらしいこと・・・
『少年少女飛行倶楽部』の番外編というか前日譚。

「心残り」(篠田真由美)
語り手は、伊豆下田から出てきて東京の資産家に奉公している少女。
若い後妻が浮気をしたために南伊豆の別荘に追いやられ、
少女も奥方の浮気の監視役を兼ねて別荘で働くことになる。
しかし、浮気相手との仲を裂かれた奥方は自殺してしまう・・・
短いんだけどミステリとしての密度は濃い。
時代の雰囲気も良く出ている。

特に気に入ったのは
「理由」「誰にも言えない」「バースデーブーケをあなたに」「水彩画」
の4作かなあ。

「骨になるまで」「甘い生活」「心残り」は
私の中ではイヤミスに入りそうで、ちょっと苦手。
とは言っても、ミステリとしての出来は悪くない。

なかなかレベルの高い作品が揃ってると思う。
総じて、とても楽しいアンソロジーでした。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

敗北への凱旋 [読書・ミステリ]

敗北への凱旋 (創元推理文庫)

敗北への凱旋 (創元推理文庫)

  • 作者: 連城 三紀彦
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2021/02/22
  • メディア: Kindle版
評価:★★★★☆

昭和20年8月15日。
太平洋戦争が日本の敗戦となって終わった日。

正午の玉音放送から数時間後、未だ夕暮れの光が残る帝都の空を舞う
1機の航空機から、無数の夾竹桃の花が地上へと舞い落ちてくる・・・
という、いかにも幻想的かつ美しいプロローグから始まる。

しかしここから物語は一転する。

昭和23年のクリスマス・イブ、
焼け跡の残る横浜中華街の片隅で、隻腕の男の射殺死体が見つかる。
被害者は中国人の女・玲蘭(リンラン)と同棲していたが
最近、日本人の娼婦とも愛人関係になっていた。

男を巡る痴情のもつれと判断した警察は玲蘭を犯人とみて行方を追ったが
2日後、その日本人娼婦も殺されてしまう。そして玲蘭とみられる女が
油壺(三浦半島突端部近くの湾)の岩場に身を投げたという通報が入る。

被害者の名は寺田武史、軍人で、かつてはピアニストでもあった男と
判明するが、玲蘭の死体は発見されず、事件はそのまま終結してしまう。

そして再び時間は飛び、二十数年後の昭和4X年。
主人公・柚木桂作(ゆうき・けいさく)の登場となる。

柚木は文壇の中堅作家で、昨年「虚飾の鳥」という大作を発表した。
大戦中の軍部の重臣で、重要な決定にも関わったと言われる
鞘間重殻(さやま・しげよし)を描いた伝記小説だ。
この作品は評判を呼び、映画化の企画が進行していた。

柚木は妻と死別し、娘の万由子と二人暮らしだったが
彼女は民放TV局の報道班員・秋生鞆久(あきお・ともひさ)と
交際していた。秋生を通して寺田武史の存在を知った柚木は
次作の題材にしようと取材を始める。

物語はこの後、いくつかの流れが並行して描かれていく。
寺田が何らかのメッセージを潜ませたと思われる楽譜の謎、
当時の寺田を知る人から聞かされる、大戦中のエピソードの数々。
取材を続ける柚木の前に幾度となく現れる謎の和装の女性、そして
寺田と玲蘭の忘れ形見と思われる女性バイオリニスト・愛蘭の登場。

最終的には、寺田の射殺事件の真相が解明されるのだが
もちろん、これだって充分に驚かされるレベルで
ここで終わっても本格ミステリとして高評価されるだろう。

しかし本書ではさらに、その事件の背景となった事情まで踏み込んでいく。
ここで明らかになるのは・・・未読の人のために、書かない。
余計な予備知識を持たずに読んでもらうのがいちばんだ。

プロローグの夾竹桃のエピソードも、この物語の1つのピースとして
きれいに収まり、壮大な ”絵” が完成する。

文庫で220ページほどと決して長くはないのだが、描かれた物語は濃密。
密室も孤島も雪の山荘も出てこないけど、
最高の謎は ”人の心” だ、ということを改めて感じさせてくれる。

文庫版の表紙には、
グランドピアノの前に座った男女の姿が。
物語の全貌を知った上でこの絵を見ると、感慨深いものがある。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

衣更月家の一族 [読書・ミステリ]

衣更月家の一族 (講談社文庫)

衣更月家の一族 (講談社文庫)

  • 作者: 深木章子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/02/12
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

文庫で100ページほどの4つの章の前後を
短い(数えたらどちらも4ページ)「プロローグ」と「エピローグ」で
挟み込むという構成。

「プロローグ」
美大の助教授・衣更月(きさらぎ)辰夫が
教え子の女子大生と無理心中事件を引き起こした。
辰夫55歳、相手は19歳という年齢差、
殺害方法は拳銃と、ワイドショーを大いに賑わせたが、
それも時の流れの彼方に忘れ去られていく。

「廣田家の殺人」
専業主婦・廣田優子が自宅の玄関で殺された。
近所の住民の目撃情報から、犯人は優子の妹・晴菜(はるな)の夫、
富坂弘毅と思われた。晴菜はギャンブル好きな夫に嫌気がさし、
家を出て優子の下へ身を寄せていたのだ。
やがて弘毅は警察へ出頭してくるが、
玄関先で先に襲ってきたのは優子のほうで
自分は正当防衛だったのだ、と主張する・・・

「楠原家の殺人」
堀ノ淵病院の職員たちによる暑気払いで景品として配られた宝くじ。
宴会の幹事だった事務職員・楠原雄哉は、幹事の余禄として
残ったくじを自分のものにするが、その中から3億円の当たりが出る。
同僚といざこざになった雄哉は病院を辞め、行方をくらましてしまう。
そして数ヶ月補、老舗菓子屋の店員・木村麻貴は
幼馴染みの男性に「楠原雄哉」と名乗らせて結婚を偽装、
偽の婚姻届まで提出して「楠原麻貴」となっていた・・・

「鷹尾家の殺人」
鷹尾奈津子は夫・耕平と離婚し、まだ幼い息子・耕介を残して家を出た。
成長した耕介は母を訪ねていくが、冷たくあしらわれてしまう。
それがトラウマとなり、彼は高校入学後に引きこもりとなった。
父・耕平は不動産業を営んでいたが先物取引で失敗し、
億単位の債務を抱えてしまう。そして奈津子はその保証人となっていた。
借金を巡って争っている両親を見ているうちに、
耕介は衝動的に2人を階段から突き落として殺害してしまう。
しかしそれを暴力団員・唐木沢(からきざわ)が見ていた・・・

一見して何の関連もない3つの事件で、いったいどこに
「衣更月家」が隠れてるんだか皆目見当がつかない。
しかしこれが4つめの章「衣更月家の一族」で
1つの事件に収斂していく。

3つの事件の要素を分解し、きれいに再構成してみせるのは
デビュー作「鬼畜の家」に登場した元警官の探偵・榊原聡。

真犯人がちょっと策を弄し過ぎな気もするが、
実録犯罪小説ではなくて本格ミステリなのだから、許容範囲だろう。

3つの事件のパートもそうだが、完全犯罪を狙う真犯人との
対決が描かれる「エピローグ」まで、飽きさせずに読ませる。
これが2作目とは思えないくらい達者だ。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

罪の余白 [読書・ミステリ]

罪の余白 (角川文庫)

罪の余白 (角川文庫)

  • 作者: 芦沢 央
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

主人公の安藤聡(さとし)は、大学の心理学講師。
妻・真理子は8年前にガンで世を去り、
それ以後は一人娘の加奈を男手ひとつで育ててきた。

ある日、聡のもとへ悲報が届く。
高校1年生となっていた加奈が、校舎の屋上から転落死したのだ。

「悩んでいるようには見えなかった」
聡はクラスメイトたちの言葉が信じられない。
いったい何が加奈を死に追いやったのか。

その頃、加奈と同じクラスの少女・木場咲(きば・さき)は
親友の新海真帆(しんかい・まほ)の言葉に動揺する。
「加奈は日記を書いていたのではないか」

加奈の死の真相を知られることを恐れる咲は、
偽名を使って安藤家を訪れるが、
そこで聡が加奈の日記を発見するところに遭遇してしまう。

加奈が亡くなって以後、すべてのことに意欲を失って
自宅へ引きこもってしまっていた聡だったが、
日記の記述から愛娘の転落死の原因を知った彼は
加奈を死へ追いやった2人の生徒への復讐を決意する。

一方、加奈の日記とその父親・聡の存在を脅威に感じた咲は、
その二つを同時に葬ることを企てるが・・・

物語は主に聡と咲の視点で語られるが、
さらに2人の人物が語り手に加わる。

咲に対して過度な精神的依存を示す新海真帆。
咲に嫌われることを極度に恐れ、ほとんど操り人形と化している。

聡の同僚の心理学教授・小沢早苗は、生まれつき「他者の感情」
「場の空気」「微妙なニュアンス」というものが理解できない、
いわゆる ”コミュニケーションに障害を抱えた人間” として登場するが
宴会の席で聡と同席したことをきっかけに、少しずつ変わり始める。

加奈の復讐のために ”罠” を仕掛ける聡、
その ”罠” を逆に利用して聡を排除しようとする咲。

心情的にはどうしても聡を応援してしまうが、
復讐が成就したとしても、娘が帰ってくるわけではなく、
聡の人生はそこで終わりである。
もっとも、本人はそんなことは百も承知で、
自らの破局へ向かって突き進んでいってしまうのだが・・・

かといって咲の奸計が成功してしまったら、読者は納得できないだろう。

最後の60ページほどは、サスペンス溢れる展開でハラハラし通しだ。
作者はいったい、この物語にどんな決着をつけるのか。

妻が病死、娘を理不尽に失うなど、聡の人生があまりにも哀しすぎる。
どっちに転ぶにしろ、彼には何らかの救いがあって欲しいなぁ、と
私は思っていたのだが・・・

この結末は、多くの人が納得できるのではないかな。
絶妙な ”落とし所” だと思う。

作者は「許されようとは思いません」で話題になった人。
本作がデビュー作とのことだが、新人とは思えないくらい達者。
この人もしばらく追いかけてみようと思う。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -