So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

分かれ道ノストラダムス [読書・サスペンス]


私が「ノストラダムスの大予言」(五島勉)を読んだのはいつだったか。
1973年の出版だから、たぶん中学3年生の頃だったろう。
その内容に、ずいぶん怖い思いをしたことを覚えている。

その後、五島氏が執筆したSF小説には「ー500℃の超低温」だかの
とんまな記述があって「トンデモ本」に ”認定” されてしまったそうな。

 念のタメに書いておくと、温度の最低値は「ー273℃」で、
 これより低い温度はこの宇宙に存在しない。
 ちなみに、高校の理科で勉強する内容だ。

要するに、そんな人が書いた与太話だか怪談話だかのレベルの本に
脅かされてたわけだよねぇ・・・

でも、信じてしまった人は一定数いたみたいで、
1999年7月にやってくる ”人類の滅亡” から逃れるために、
オウム真理教に入信した人も多かったとか。

閑話休題。


分かれ道ノストラダムス (双葉文庫)

分かれ道ノストラダムス (双葉文庫)

  • 作者: 深緑 野分
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/11/14
  • メディア: 文庫
評価:★★★★

時代設定は1999年6月。

高校1年生の日高あさぎは、中学時代にクラスメイトだった
宮ヶ瀬基(みやがせ・もとき)の三回忌に出席した。

1997年、中学2年生だったあさぎは、
思いを寄せていた基とけんか別れした形で離れてしまい、
その直後に彼が心臓疾患で亡くなったことで、トラウマを抱えていた。

法要を終えたあさぎは、基の祖母から彼の残した日記を譲り受ける。
しかし彼の日記に不審な記述があった。
1996年に書かれた日記に、93年に交通事故死した
彼の両親の、事故前後の行動が記されていたのだ。

あさぎは、同級生で読書好きの八女研輔(やめ・けんすけ)に相談する。
日記を読んだ八女は、基が ”両親が死ななかった可能性” を
探っていたのではないか、と推測する。

あの日、父と母はどんな行動を取っていたら
事故に遭わずに済んだのだろう・・・

それを知った浅葱は、”基が死ななかった可能性” を考えるようになる。
八女の助けを借りて、日記の記述から
基が死亡する直前の行動を探り始めるのだが・・・

一方、「ノストラダムスの大予言」が人類の滅亡を告げたと言われる
1999年7月を迎えて、世間は騒然としていた。
あさぎたちの暮らす街でも、怪しげな宗教団体「アンチ・アンゴルモア」
なるものが活動し、信者たちがさまざまな騒ぎを引き起こしていた

そして、基が死亡する直前の日記に記された電話番号が、
「結城循環器内科クリニック」のものだったことが判明する。
この医院はすでに閉鎖されていたが、
「アンチ・アンゴルモア」の幹部に結城という人物がおり
これが結城医院の医師だったのではないか、との疑いが浮上する。

基の足跡を追うあさぎと八女は、やがて「ノストラダムスの大予言」を
巡る、「アンチ・アンゴルモア」の陰謀に巻き込まれていく・・・


前半では、高校生たちの日常がじわじわと
謎の不安にむしばまれていく様子が描かれていくが
中盤過ぎあたりから物語は一気に加速を始めて
あさぎは何度も生命の危険にさらされる。

そして終盤は ”予言の成就” を巡る
タイムリミット・サスペンスに移行していく。
極限状態へと追い詰められたあさぎと八女の運命やいかに・・・


まず主役二人のキャラがいい。

ヒロインのあさぎは、感情の起伏がやや大きく、
時には、考えるより先に体が動いてしまうという
ちょっと危なっかしいお嬢さんである。

対する八女君は、本の虫でありながら意外と度胸があって
思慮深く頼れる好青年として描かれる。
これには、彼のユニークな家庭環境もあるのだろうが
このへんの設定も面白い。

あさぎの中学時代の友人である水戸ちゃんや彩瀬ちゃんも
単なる賑やかしではなく、ちゃんとストーリーに絡んでくる。

八女の知り合いでアクアリウムショップの店長・久慈や
あさぎの行く先々で現れる謎のホームレスの老人とか
青少年心理カウンセラー・桐晴彦(きり・はるひこ)とか
胡散臭そうな人物も多々現れ、サスペンスを盛り上げる。

もっとも、黒幕は中盤過ぎには明らかになってしまうので
犯人当てミステリーとしての趣には乏しいけれど、
終盤の緊迫感あふれる描写は半端ではない。
「戦場のコックたち」で戦場のリアルを描いた筆力が
存分に発揮されていると思う。


人生、別れもあれば出会いもある。
本書は、初恋の人・基との悲しい別れを経験したあさぎが、
悲しい思い出を抱えながらも、新しく出会った人たちと共に
それを乗り越えていくまでの物語だ。

物語開始時点で15歳、もし ”予言” が成就したら
16歳になる前に死んでしまうんだなぁ・・・と思っていたあさぎだが
もちろん、彼女にはまだまだ長い人生が待っている。

エピローグでは、あさぎをはじめ物語に登場した人々の、
”予言” を超えたちょっぴり未来の話が綴られる。

このブログのあちこちで書いてるように
私は青春小説なるものが苦手なんだが、
本書はハラハラしながらも面白く読めたし、
物語の締め方も素晴らしい。
楽しい読書の時間を過ごせました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

天冥の標IX ヒトであるヒトとないヒトと [読書・SF]


天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)

天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと (ハヤカワ文庫)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 文庫
天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと PART2 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと PART2 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 小川 一水
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/10/31
  • メディア:文庫
大河SF「天冥の標」シリーズ、第9部。

西暦2804年、”メニー・メニー・シープ”(MMS) を巡って、
”非染者” であるMMS新政府と《救世群》は死闘を続けていた。

一方、”世界” の外へ出たカドムたちは、
”倫理兵器” の激しい攻撃にさらされながらも
シェパード号を発見し、ラゴスの記憶を取り戻すことに成功する。
そして、MMS成立の秘密を知る。

さらに、異星人カルミアンから、驚くべき事実を聞かされる。
途方もないエネルギーを秘めた ”ドロテア動力炉” を手に入れた
《救世群》は、その力によって300年の間MMSを移動させ続け、
今まさにふたご座ミュー星へと到着しようとしていること、
目的地は、そこにあるカルミアンの母星であること、
そして母星近傍には、異星人の集合体である
超銀河団諸族の巨大艦隊が集結し、カルミアンと対峙していること。

 ちなみにwikiによると、ふたご座ミュー星は
 太陽系から約230光年の距離である。
 第7部(西暦2500年頃)の段階で、
 人類はまだ超光速航法を手にしていないので
 この距離を300年で移動しているというのは
 亜光速の移動によるウラシマ効果でMMS内の時間の進みが遅れている
 (太陽系では300年以上経っている)のか、
 それともミスチフによるオーバーテクノロジーのせい
 (太陽系での時間経過と一致する)なのかは
 明言されてないのだけど、読んでるかぎり後者のように感じる。

さらに後方からは、《救世群》を追撃・殲滅するために太陽系を出発した
総計500億隻に及ぶ〈二惑星連合軍〉艦隊も迫ってきている。

異星人の強大な宇宙艦隊に向けて刻一刻と接近していくMMS。
”非染者” と《救世群》、合わせて200万の人間の生死がかかる危機を
乗り越えるためには、まず人間同士の戦いを終わらせなければならない。

”非染者” との融和を目指すイサリは、
《救世群》の本拠地ハニカムへ潜入するが、
彼女はそこで意外な人物の助力を得ることになる・・・


第1巻の時から疑問だったのは植民星MMSがどこにあるのか、だった。
それは第7部で明らかになったが、
MMS自体が移動しているのではないか、というのは
いままでの物語のあちこちで示唆されていた。

第9部に至り、この物語は、単に ”非染者” と《救世群》の
平和共存が果たされて終わるのではなく、人類・カルミアン以外の
多数の異星人をも巻き込む、さらに大きな局面が待っていたことが
明らかになった。

いち植民星の内乱から始まった物語が
どんどんスケールアップして、ついには銀河的規模へ。

SFを読むことの楽しさを味わわせてくれたこのシリーズも、
ついに次の第10部「青葉よ、豊かなれ」で完結である。
既に読了しているので、こちらの記事も近日中にはアップする予定。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 [読書・ミステリ]


心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)

心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 森 晶麿
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: 文庫
評価:★★

語り手の ”俺” こと、華影忍(はなかげ・しのぶ)は
美術雑誌のライターから作家へ転じ、間もなく2冊目が刊行される。

財産家に生まれ、働かなくても喰っていける身分でありながら
兄と恋人の死から、現世に対する興味を失ってしまう。
以来、酒と女に溺れる日々を送りながら、
死への誘惑に駆られるようになっていた。

ある夜、神社の境内で柳沼水奈都(やぎぬま・みなと)と
名乗る女と出会う。背中に山羊、太股に謎の花の刺青を持つその女は
華影との心中を受け入れ、二人で筋弛緩剤を服用する。

翌朝、女は死体で発見され、華影は命を取り留める。
しかしその死体の女は、心中を図った女とは別人だった。

華影は警察から、死んだ女こそ本物の柳沼水奈都であり、
柳沼財閥の現当主・柳沼水智雄(みちお)の妹であることを知らされる。

水奈都は殺されたのか?
なぜ女は水奈都を名乗ったのか?
そして、その女の正体は?

警察は自殺として処理ようとするが、
華影は真相を求めて独自に情報を集め始める・・・


華影は遊んで食える身分の上、異様に女にモテる。
とにかく、作中で出会う女をことごとく口説いて回るのだが
女の方も満更ではない反応を示すのには
驚きを通り越して呆れてしまった。

まあ私のようなモテない人間からすれば
風上にも置けない存在なのだが、これは純然たる僻みですね。

こんな華影だがしっかり結婚してる。
彼の担当編集者である溝渕くんは、華影の妻・道子に惚れているんだが
彼女が溝渕くんになびく気配は全くなさそうだ(笑)。

そんな溝渕くんだが、探偵の助手としてはなかなか有能で
あちこちから情報を集めてきて真相解明に貢献する。

本作では、同じ作者の別シリーズの探偵役である〈黒猫〉も登場する。
華影の後輩という設定で、彼の勤務する大学を訪れるシーンがある。
〈付き人〉さんのほうもワンカットだけ出演するけど、
華影は彼女に対してまでも粉をかけるんだからもう見境がない(笑)。


本作には、多くの女性キャラが登場してくるのだが、
最終的に明らかになる ”あの女” の正体は・・・

うーん、これはちょっとどうなんでしょう。
「うまくだまされた」と思うか「反則じゃないの?」って思うか。
私は四分六で後者ですな。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

紅蓮館の殺人 [読書・ミステリ]


紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)

紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)

  • 作者: 阿津川 辰海
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: 文庫
評価:★★★★

将来のミステリ作家を目指す高校2年生の田所信哉(しんや)。
彼の親友・葛城輝義(かつらぎ・てるよし)は類い希な推理力をもつが
他人の嘘が許せないという、いささか窮屈な性格(笑)。

進学校に通う二人は、夏休みに軽井沢の山奥で実施される
学習合宿を抜け出して、人気推理作家・財田雄山(たからだ・ゆうざん)に
会いに行くことを企てる。

雄山は5年前から新作を発表せず、どんでん返しや隠し通路がある
絡繰り仕掛け満載の洋館を山奥に建て、そこに住んでいるらしい。

合宿3日目、設定された9時間にわたる自由時間を利用し、
二人はバスで雄山が隠棲する山へと向かう。

しかし山道に入った二人の背後で、落雷による山火事が発生する。
火を逃れて登り続けるうちに、二人は小出(こいで)という
登山者の女性と出会う。彼女の行動に不審なものを感じながらも、
火事から逃れた3人は雄山の屋敷へたどり着く。

主の雄山は97歳。意識不明で寝たきりの状態にあり、
息子の貴之、孫の文男とつばさの3人と暮らしていた。

さらには近くの山荘に住む久我島敏行と、
たまたま彼を訪れていた保険調査員の飛鳥井光流(あすかい・ひかる)が
避難してきて、総勢9人となる。

田所と葛城は同世代であるつばさと親しくなるが、
翌朝、屋敷に仕込まれた絡繰りの一つである吊り天井の下で、
彼女の圧死体が発見される。
設備が老朽化していたことから事故か殺人か意見が分かれるが
結論は出ず、山火事は刻一刻と迫ってくる。

屋敷外への連絡手段はなく、携帯電話も圏外。
しかも屋敷の周辺は乱気流が渦巻き、ヘリコプターも近づけない。
山火事の勢いは一向に衰えず、このままでは
屋敷が火に包まれて焼失してしまうのも時間の問題だ。

殺人犯人が中に潜むのではないかという疑惑に怯えながら、
彼らは屋敷内に存在する(と思われる)、麓へと続く ”抜け穴” を
必死になって探し続けることになるが・・・

そんな中、田所は10年前に光流に会っていたことを思い出す。
ある毒殺事件に巻き込まれた田所は、たまたま居合わせていた
高校生の光流が、鮮やかに解決するのを目の当たりにしていたのだ。

この事件でも推理をするよう田所から乞われた光流は、それを拒絶する。
彼女の探偵行動が原因で親友を失ってしまったことがその理由だ。

葛城と光流、探偵であり続けようとする少年と
自ら探偵であることをやめた女性、この二人の対比も本書の読みどころ。


さて、本書は文庫で430ページほどあるのだけど、
なんと240ページを過ぎたあたりから徐々に謎解きが始まる。
もちろん、リアルタイムで火事が迫っている中で。

葛城の語るその真相は、殺人事件のみならず、
この場に居合わせた者たちの ”嘘” をも暴いていく。
このあたりはけっこう驚きの展開が続き、
殺人事件の犯人というメインの謎さえ、小さく見えてしまうほど。

もっと言えば、ちょっと勘のいい人なら、葛城や飛鳥井の言動をもとに
犯人を当てるのはそんなに難しくないかも知れない。
でもそれ以上に、この屋敷に集まった人物たちの ”真実” が、
ミステリ的興味をつないでいく。


作者は1994年生まれで今年26歳。なんと平成の生まれですよ。
しかも、デビュー時は23歳くらいだったらしいからたいしたもの。


山火事で孤立した山荘、ってシチュエーションは
「シャム双生児の謎」(エラリー・クイーン)にありましたね。
大学生の頃に読んだんだけど、もうすっかり内容は忘れてるなぁ。
「悲劇四部作」と「国名シリーズ」くらいは読み直してみようかなぁ。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:

午前零時のサンドリヨン [読書・ミステリ]


午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)

  • 作者: 相沢 沙呼
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2020/02/04
  • メディア: 文庫
評価:★★★☆

第19回(2009年度)鮎川哲也賞受賞作。

高校に入学した須川は、クラスメイトの
酉乃初(とりの・はつ)に一目惚れしてしまう。

しかし彼女は、学校ではひとりぽつんと過ごし、
他人とほとんど交わらない孤高の雰囲気を漂わせていた。

そんなある日、須川は大学生である姉に
レストラン・バー『サンドリヨン』に連れられていく。

そこでは初がアルバイトとして働いていた。
しかも、客を相手に鮮やかなマジックを披露していたのだ。
昼間の彼女とはうって変わり、明るく朗らかにカードを操る初。

縮まりそうで縮まらない須川と初の関係、
そんな二人の前で展開する学校内の ”事件” を描いた連作短編集だ。

ちなみに「サンドリヨン」とは「シンデレラ」のフランス語表記。
そして「午前零時」はシンデレラにかけられた魔法が解けてしまう時刻。
”マジック” と ”魔法”、似て非なるこの2つの言葉は
作品中で何度も現れることになる。


「空回りトライアンフ」
放課後、図書室へ行くという初についていった須川。
二人はそこで、本棚の本が一段だけ、
すべて裏返し(背表紙が奥側)になっているのを発見する。
しかも真ん中にある本だけ、通常の向きに入っている。
初はその理由を解き明かすのだが・・・

「胸中カード・スタップ」
初は図書委員の慶永から上級生・柏の誕生祝いのために、
マジックを披露するように頼まれる。
初は、音大を目指す柏が練習している音楽室でマジックを終えるが
須川と共に帰宅する途中、マジックで使用したナイフを
音楽室に置き忘れたことに気づき、学校へと引き返す。
そこで二人が見たものは、誰もいない音楽室の机に突き立てられたナイフ。
そして机の表面には ”f” を3つ連ねたような傷が刻まれていた。
しかし音楽室の前の廊下で映画を撮影していた映研部員によると、
音楽室に出入りした者はいないという・・・

「あてにならないプレディクタ」
手帳を落としてしまった須川は、学校へ落とし物として届けられて
保管されている手帳を確認させてもらうことに。
その中には、生徒5人の名前と数字がメモ書きされていた。
そこに現れた飯倉静香が「それ、私のです」と申し出る。
よく当たる占いをするとして有名な女子生徒だ。
翌日、英語試験の成績上位5名が発表されるが
それは飯倉の手帳にメモされていた生徒であり、数字は得点だった。
しかしその手帳は、試験前から落とし物として
専用ケースの中に保管されていたもの。
須川に尋ねられた飯倉は「藤井彩香が教えてくれた」と答える。
藤井彩香とは、須川たちが入学する前年に
校舎の屋上から投身自殺した女性生徒の名前だった・・・

「あなたのためのワイルド・カード」
学校が管理する公式サイトの掲示板に、
”藤井彩香” の名で投稿があった。
文面は「もちろん。わたしはあなたをゆるさない」
当然ながら、彩香本人のIDとパスワードを知らなければ
書き込みをすることはできない。
折しも、「校舎の屋上に佇む女子生徒」の目撃談が流布しており、
ほかならぬ須川までもが ”幽霊” らしき姿を目撃する・・・


第2話「胸中ー」から、メインのストーリーと並行して
藤井彩香に関する ”噂話” が語られてきて、
最終話に至ってその謎が解明される。そのための伏線が
「空回りー」から「あてにー」までの間に散りばめられており、
4つの連作短編で1つの長編を形成していたことも明らかになる。


実は第3話を読み終わった時点で私の評価は「星2つ半」だった。
その理由は、どうにも主役二人に馴染めなかったから。

まずヒロインの初が一筋縄ではいかないお嬢さんなのだ。
彼女が得意とするマジック、それはもちろん素晴らしいものなのだが
それが彼女を幸福にしたか、といえば一概にそうとは言い切れない、
そんな事情が明かされていく。さらには中学校時代の出来事もあり、
彼女の内面は実に複雑に屈折していて、
こんなに情緒不安定な探偵役も珍しいだろう。
だから、そう簡単に須川くんに心を開けるわけもない。

その須川くんだが、優柔不断で意気地がなく不器用そのもの。
もちろん女の子の扱いなんて不得手の極致(ひどい言われようだね)。
初に対しても、彼女の抱える ”地雷” を踏みまくりで
「それを言っちゃあ、おしまいよ」な台詞を連発していまい、
読んでいる方が頭を抱えてしまう(笑)。

それだけ作者のキャラ造形が上手いということなんだけど
”上手い” と ”好きになれる” はイコールではない。

 だけど、考えてみれば二人は高校1年生。
 まだまだ ”子どもの要素” を残している年頃だからねぇ。

さらに、いかにもライトノベルな語り口なのだけど
初が ”謎” を解いても ”事件” は解決しない。
そもそも人間関係や家庭の事情に根ざした問題には ”解” は存在しない。
そういうダークな部分に、初も須川も打ちのめされてしまう。
「スカッと爽やかな学園ミステリ」を期待するとアテが外れる。


さて、「星2つ半」だった評価は、最終話を読んでいるうちに
「星3つ」へと昇格した。それはもちろん、
全体を貫く仕掛けが明らかになって、それまでに登場してきた
キャラたちの裏にあったドラマを知ることができたから。

そしてラストの十数ページを読んでいるうちに、
さらに「星3つ半」へと昇格した。

4つの ”事件” を通じて、
須川は少し大人になり、初は少し素直になった。
そんな二人の成長が描かれて本書は終わる。

 いままでダメダメだった二人がシャンとするのが
 ちょっと唐突な気もするが、そこは目をつぶりましょう(笑)。

本書の惹句にもあるが「ボーイ・ミーツ・ガール」で始まった物語は
ここに至って「ラブ・ストーリー」に変化していきそうな兆しを見せる。

本書には続巻「ロートケプシェン、こっちにおいで」があって
これも手元にあるので、近々読む予定。

ちなみに「ロートケプシェン」とは「赤ずきん」の意味らしい。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:
前の5件 | -